営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他不定休

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!時々毒を吐くブログ

足を含めて全体を診る

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

仕事をまとめた夕方、河川敷の陸上競技場へ向かう。

雨が降ったり雷が鳴ったりしているけれど、

涼しくなって丁度いいのでWelcome。

 

夕方の競技場に行くと、決まって練習している陸上クラブがある。

長距離やら短距離やら、色んな子がいる。

ここ何年かで、クラブや親子で練習している小中学生が増えた。

熱心なのはいいけれど、勿体無いなと思うのは、

全身の動きのバランスや、着地のタイミングがバラバラな子が多い事。

 

一生懸命の割に、進まない。

頑張ってる割にスピードが出ない。

フニャっと抜けて、打ち抜けてない。

 

形だけ陸上やってますっぽく走っても、これは誤魔化せない。

パチン!と弾けるような音を鳴らしてグローブでボールを捕るとか、

バッティングでボールを遠くへ飛ばす事とか、

バレーでスパイクを打つとか、レシーブするとか、

全ては全身を使ってタイミングを合わせること。

 

全身の動きのバランスや、着地のタイミングがバラバラな子は、

運動の経験値が少ないばかりに、動きに自由度が無い。

 

あらゆるスポーツにおいて、走ることで全身の連動性と操作性が高まり、

その種目においての成績が向上する。

これは、紛れもない事実である。

昔ながらの根性主義のような走り込みは、実は馬鹿にできない。

走って身体を作っていない選手が活躍できるスポーツは無い。

体力水準が上がるだけでなく、自分の身体を移動させる事で、

地面反力を受けて操作する事が上手くなるからだ。

 

野球やサッカー、バレー、バスケ等々、様々な種目は、

走りを通して選手のスキルアップができる。

一方で、陸上競技の場合は、積極的に他種目のスポーツに取り組んだ方がいい。

小中学生のレベルでは特にこれが言える。

 

惜しいんだけどなぁ・・・と、

夕方の河川敷で走る子を見て、歩く様子に違和感があった。

 

良いシューズ履いてるけど、両足首壊れてる。

多分そのうち、膝が壊れる。

あの子に付きっ切りのコーチは、そこまで見ているのだろうか?

もしかして、壊れるベクトルで蹴れと、知らずに教えているのか?

 

小中学生の陸上は、練習していれば学校や地区単位では直ぐにトップクラスになれる。

同級生の大多数は陸上競技の練習はしていないから、当り前だ。

親も大喜びして、付きっ切り。

しかし、中学3年や高校生になると、パッタリと伸びなくなる。

身体の作り方を間違えると、成長段階で故障が頻発する。

 

これまで、そんな子を何人も見てきた。

中学まではトップだったのに、高校の陸上部では3年間公式戦出場無なんて、寂しいでしょ。

 

今度会ったら、お節介でアドバイスしてみよう。

ダイヤの原石はゴロゴロしてるのに、解剖学も生理学も知らないなんちゃって指導者のせいで、

芽が出ない選手が本当に多い。

 

そんなことを考えながら、土砂降りの中でインターバル。

夏にはよく靴を洗うはめになる。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2018 All Rights Reserved.