営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

12月に備えて

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

人間は、忘れる生き物である。

持って行くものを忘れる。

名前を忘れる。

番号を忘れる。

食べたものを忘れる。

 

僕も、学校の勉強は何をやったか覚えていない。

社会科の先生が学生時代に中東を旅行中、武装組織に捕まった話や、

幾何学(きかがく)をずっと「きなんがく」と言い続けて授業する先生がいたり、

「こんなの猫でもタヌキでもわかる!」

というのが口癖の数学の先生がいた事は覚えている。

 

興味をそそられたり、

あまりにお粗末だったり、

跳び抜けた特徴があると、人はそれを忘れないようだ。

 

福岡に行った時食べた、豚骨ラーメンの店の名前は忘れた。

不味いとは思わなかったが、美味しいと思えなかった。

期待値を上回って来なかった。

 

その時点でラーメンが悪かったか、僕の体が合わなかったのか、

それはわからない。

結果的にその夜、意識を失いそうなほどお腹が痛くて、

30分もトイレにハマった事を、死ぬまで忘れないだろう。

 

福岡の帰りの飛行機で、僕は思った。

ラーメン耐性をつけなければならないと。

同時に、危険かそうでないかの、嗅覚を養わなければならないと。

 

それには、サッパリ、スッキリの朝ラーでは、濃度が足りない。

必要なのは、濁りだ。

特濃である。

味玉とレアチャーシューも載っている。

大盛りはサービスである。

唐揚げとご飯のセットもつけた。

 

唐揚げはスープに投入して食べるのが作法らしい。

残ったスープには、ご飯とサービスの生卵を投入。

僕の期待値を、遥かに上回ってきた。

福岡で失いかけた、ラーメンというアートへの信頼が、

一気に回復した。

 

驚いたのは、奥さんが僕と同じ量を、サラリと平らげた事である。

ラーメン耐性をつける旅は続く。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2020 All Rights Reserved.