営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

鼻毛は抜くな

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

ブラジリアンワックスを使って、鼻毛を抜く。

それはもう、ゴッソリと抜ける。

 

割り箸を半分に切って、その先にワックスを絡め、

垂れないように気を付けながら、鼻にブッ込む。

長い割り箸は、ワックスが冷える間に、どこかにぶつかる危険性がある。

突き上げの一撃を喰らったら、大惨事だ。

 

ワックスが冷えて固まれば、GOサイン。

 

ひと思いに、胸椎にスラストをかけるかの如く引き抜く。

割り箸の先端には、コロナウイルスのような形をした、

鼻毛のネギ坊主がくっついてくる。

 

これを、今まで何度やってきただろう。

抜いた後の鼻腔の風通しの良さは、クセになる。

鼻毛が出てる事も気にしなくていい。

 

マスクしてるからって、

実は鼻毛がコンニチハしてる人いるでしょ?

 

ワックスは一掃できていい。

しかし、しばらくすると、またボーボーに復活してくる。

毛根から抜いても、再生能力が凄まじい。

 

鼻毛を抜くと風通し良くて気持ち良いんだぜ。

っていう話を父親にすると、

必ず「鼻毛は絶対に抜くな!死ぬぞ!」と言われる。

 

昔からそうだった。

「鼻毛は抜いてはならない」

それが唯一のムラタ家家訓だと言ってもいい。

 

不届き者の僕はそれを完全に無視して、

これまで幾度となく、

鼻毛の完全伐採に着手してきた。

 

毛を抜くと鼻腔の風通しは最高に良くなるが、

その分粘膜が外気にさらされることになる。

外気が乾燥している時は、呼吸するとヒリヒリして痛い。

乾燥から粘膜を守るために、鼻水も出てくる。

 

この鼻水がまた、とめどなく流れてくる。

そこにはもう、鼻毛は無い。

ブラジリアンワックスで抜いた後は、

鼻毛の仕事を鼻水が担うことになる。

 

5月の乾燥した空気は、粘膜に堪えた。

鼻の奥の奥までヒリヒリした。

 

一方、5月の最初に完全に抜き切ったのに、

1カ月もすると生え揃ってしまう再生能力。

 

今月は、家訓に従い、鼻毛は切ることにした。

梅雨時は、カビが発生しやすい。

この時期に喉が痛くなったり、

微熱が出たりするのは、経験上カビのせいだと思っている。

 

鼻毛フィルター無しで剥き出しの粘膜に、

活性化したカビから体を守れるはずがない。

よって、しばらくは鼻毛は抜かず、切って処理する。

 

風邪っぽくても、病院にかかりづらいこのご時世。

こんなアホくさいような体調管理も、身を守る上で大事なこと。

 

もう一度言う。

鼻毛は抜いてはならない。

切る時は、気をつけてね。

この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2021 All Rights Reserved.