営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

高温多湿は貧乏人の

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

高地トレーニング!!!

 

38℃を経験して、さらにその中で20km走っておくと、

33℃や34℃は涼しく感じられる。

これなら走れるなぁと、感覚がマヒしてくる。

短時間でもしんどい事経験しておくと、それ以外は楽になる。

 

暑い時こそ走り込み。

そんな自殺行為とも思えるものが、なぜ結果につながるのだろうか。

 

冒頭の「高温多湿は貧乏人の高地トレーニング説」。

高温になるほど、空気の密度は下がるので、表現を変えると、空気は薄くなる。

空気抵抗が関係する球技は飛距離が伸び、スピードも増す。

短距離走では、タイムが出やすくなる。

濃い空気は、抵抗になる。

 

しかし、長距離走においては、空気抵抗は少なくても、

温度が高い事による酸素の薄さによるパフォーマンス低下の割合が大きい。

暑くて走れない!!

というのは、日光と気温による体温上昇以外に、空気の密度が関係している。

 

まぁ、静岡に住んでいるなら、

富士宮の水ヶ塚まで行けば涼しい中で走り込める。

舗装路もあるし、クロカンコースもある。

快適に、それでいて高地トレーニングができるのだ。

また、長野まで行けば、相当涼しい場所がある。

こっちと10℃違うなんてことも。

 

できることなら、毎週行きたい!!

別に金に困ってる訳じゃない。

無いのは時間だ!!

 

待てよ。

好きなだけ時間を使える身分じゃない。

長期滞在して避暑地でトレーニングなんて、、、羨ましい。

毎日が夏休みなんて身分になりたいが、どうも当分駄目そうだ。

 

そんな僕は、高温多湿で走るしかない。

玄関出たら、そこはもう高地トレーニングの場なのだ!

アチーヨ。

アチーけど、走り出せば走れちゃう。

しんどいけど、やればできちゃう。

 

8月に走り込めば、秋にコンディションが上向いてくる。

多くのランナーがそうなのだ。

しかし、それはわかっていながら、自分がこれまで8月に走り込めたことは無かった。

毎年登山駅伝終わると抜け殻になるし、低酸素の後遺症みたいなので体調悪かったし。

 

高温多湿は貧乏人の高地トレーニングと思うと、

急に前向きになって来ないだろうか。

雑草魂に火を着けて、毎日びしょびしょになって走っている。

 

暑さは敵じゃなかった。

高地トレーニングがやってきてくれるのだ。

ラッキーじゃないか!

 

思考回路が空回りしないように、今日はこの辺で。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2020 All Rights Reserved.