営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

荒川河川敷への道【前編】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

3/21の9時にスタートする、

ランナーズフルマラソンチャンレンジin板橋荒川河川敷に出るためには、

3/20に近場に泊る必要があった。

 

東京と言えど、荒川の対岸は埼玉。

静岡を朝出ても厳しい。

 

マラソン会場に一番近い駅は、都営三田線の西台駅。

都営三田線沿いに泊るか、その他の私鉄や都営線、山手線の界隈で宿を取るか。

朝もゆっくりはできないので、できるだけ近いところに泊りたい。

 

そこで選んだのが日暮里駅。

東京駅から山手線でそう時間も掛からず、

山手線から都営三田線への乗り換えが出来る、巣鴨駅までも遠くない。

 

観光や宿泊が目的ではないので、雨風しのげて横になれたらそれでいい。

どこでも良いから、泊れるところー!

 

色々と探していて、ドンピシャだと思ったのが「HOTEL Owl Tokyo」

3/20日は御前崎で朝から夕まで治療家同士の勉強会。

そこから急いで帰宅し、17:55の西焼津発のJRに乗り、18:25発のこだまで東京まで。

グリーン車だったこともあるのか、新幹線内はガラガラだった。

 

東京駅で山手線に乗り換えて、日暮里に着いたのは20:15くらいだっただろうか。

 

チェックインは21:00頃と連絡してあった。

乗り継ぎが上手くいき、迷うこともなかったので早かった。

駅の改札を出てから、HOTEL Owl Tokyoまでは3分とかからない。

早く来てしまい申し訳ないけど、チェックインできるかフロントで尋ねる。

全然問題ない、むしろ有難いと迎えてくれた。

ドミトリータイプのベッドに荷解きをして、夕飯を食べに外に出たのは20:30頃。

 

3/21と言えば、まだ世はマンボーである。

どこの飲食店も、20:30で閉店またはオーダーストップ。

店内は満席だが、準備中の札が出る。

自分が入る余地はない。

 

あと数時間後、24:00を過ぎれば制限は解除なのに(笑)

うろつく僕に声をかけてくれるのは、キャッチのお兄さんだ。

軽くあしらってしまったが、

せっかくのチャンスに仲良くなって、

日暮里や東京の町事情なんかを聴いとくべきだった。

 

夕飯の選択肢は、マクドナルドか、天丼てんやのテイクアウトか、コンビニに限られた。

結局、僕が入ったのはセブンイレブン。

ビルの1Fの角にあり、店内はいびつな形をしている。

国道沿いにあるようなコンビニの、半分くらいしか床面積が無い。

 

ベトナム人らしい店員が2人、

手際よくレジやら品出しをしながら店を回している。

「只今コロッケ揚げ立てです。いかがでしょうか!!」

フロア中に響き渡る明るい声だ。

 

おおかたの日本人より明らかにコミュニケーション能力が高く、

仕事に対する意欲も高いことがその働きぶりから感じられる。

 

コロッケの気分ではなかったので、

おにぎり6つ、ホットドッグ1つ、サンドイッチ1つ、

ミルクフランス1つ、ドーナツ4個入1セット、コッペパン1つを買った。

夕飯と、次の日の朝食を兼ねての内容だ。

 

ホテルに戻る。

ドミトリーのベッドは左右が壁で仕切られていて、ほぼ個室になっている。

自分の頭の上には知らない人が寝ているが、顔を合わすこともない。

ベッドでは飲食はしないルールなので、ロビーで買ってきたものを食べることにした。

ガラス越しに見る外のテラス席は空いている。

春めいた気温ではあったが夜はまだ寒い。

普段観ない地上波のTVを観ながら、のんびりと夕飯を食べた。

横目でロビーの角に居る、フクロウも観察しながら。

後編へ続く。

この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2022 All Rights Reserved.