営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

自己ベストと撃沈はセット

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

初の福岡国際マラソン。

最低目標の2時間半切りはおろか、完走もギリギリだった。

中間地点で予定より既に遅れていた。
集団も崩れてまばらになり、リズムが狂い始めた。

31.6kmの折り返し手前で、右のお腹に刺し込み発生。

練乳が活きるラスト10kmまでに、終わってしまった。

 

動きが鈍ると、脚も動かなくなって、痙攣の繰り返し。

最後2kmは、前腿もハムストもずっと痙攣。

立ち止まっていた台湾の選手を励ました直後に、

自分が動けなくなって、逆に励まされるという事態。

 

ここしばらく無いぐらいの、地獄レースになった。

いや、30km過ぎから、レースになってなかった。

過去ワーストクラスの撃沈。

完走できただけ、まだ良かった。

 

実際の大会運営は、5kmごとの通過時間の関門よりも、厳しい。

走りが崩れた選手、途中で立ち止まる選手、

審判員がこれはもう厳しいなと判断したら、

どんどん足切りされていく。

走っていても赤旗を振って止められ、失格になる。

 

30km以降、僕はどこで失格になってもおかしくなかった。

監察の車が近づいて来る度に、

強制収容されるんじゃないかと思ってハラハラした。

 

意地でも進み続けられたのは、応援してくれた方たちのおかげ、

一緒にレースを走った仲間、全国から集まった選手達のおかげだった。

トレーニングもこれまでに無い程順調で、体調も良く、

走れば間違いなくベストが出ると思っていた。

 

その全ての過程の中で、見直すべき課題、改善すべき課題があったのだ。

マラソンランナーの聖地で、最高峰の大会での自滅。

こんな痛い目に遭うことでしか、得られない経験ができたと思っている。

 

思えば今まで、ベストタイムを出す前には、必ず大撃沈があった。

失意の底で課題を見つけ、それに向き合ってここまで来たのだ。

大失敗と成功は、いつもセットなのである。

 

僕の強みは、どれだけ派手に転んでも、

何度だって立ち上がること。

決してただでは起きないこと。

 

今まで、それだけで生きてきた。

 

もう、やる事は決まっている。

来年、また福岡国際マラソンのスタートラインに着いて、

最初から最後まで、駆け抜ける事だ。

 

あの緊張感と、レベルの高さ、

走る選手達が皆、ゴールを共に目指す同志なんだという、一体感。

マラソンランナーの甲子園だと称される所以を、肌で感じた。

 

もうひとつやる事は、次は1泊ではなく、2泊してくる事。

今回は観光も遊びも、ほぼゼロで2日間終わってしまった。

レースは地獄を見て、遊びもせず、やり残した事しかないのである。

 

福岡国際マラソンまとめは、これにて完結。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.