営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

続・そろそろヴェイパーフライの話をしようじゃないか

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

そろそろ感が高まってくると、更新されるこのシリーズ。

そろそろ、ヴェイパーフライの話をしようじゃないか①

そろそろ、ヴェイパーフライの話をしようじゃないか②

そろそろ、ヴェイパーフライの話をしようじゃないか③

そろそろ、ヴェイパーフライの話をしようじゃないか④

そろそろ、ヴェイパーフライの話をしようじゃないか⑤

シューズがどんな原理なのかは、過去のシリーズをお読みください。

 

続編を書こうと思ったのは、ヴェイパーフライ(以下VF)報道が、

噂話レベルの内容でひどいから。

書かれる記事の内容が、精度、鮮度、確実性の面で低すぎる。

スポーツジャーナリストなら、もっと徹底的に調べて書いて欲しい。

 

世の中の理解、解釈が歪んで、意味が変わってくる。

 

調べずに言っちゃう、書いちゃうところに、価値はないでしょう。

もうね、そろそろ感が溢れてきた。

 

VFをどんなに調べても、バネの働き、推進力生み出すものは見つからない。

過去記事でも繰り返し書いているけれど、

ランナーが地面に伝えたエネルギー以上のリターンは、動力を搭載しない限りあり得ない。

地面反力をカーボンプレートで転がる動きにガイドするデザインが、

これまでのシューズに無かった発想であるということ。

ズームXの柔らかく弾む性質と、うまく融合している。

 

それでも、履けば誰もが速くなるわけじゃない。

言ってみれば、ただのスニーカーに過ぎない。

 

VFを調べても、反則な要素はどこにも無い。

ではなぜ、ドーピングシューズ、公平性を欠く、反則だと言われるのか。

 

世界陸連の会長コーさんが言ってるのは、

過去との公平性を保て!ということ。

 

ジャーナリストよ、ここを伝えろよ。

 

問題は、何と比較するかなんだ。

だから、VFだけをどんなに調べても問題は出てこない。

シューズに反則要素はない。

VFは推進力を与えるものではない。

構造もシンプル。

ナイキしか作れないものじゃない。

 

でも、過去には無かった。。。

当たり前か…

VFは現代、現在においてはフェアである。

しかし、過去と比較するとアンフェアである。

 

もっとわかりやすく言うと、

俺らの頃はそんなの無かったじゃん!!

ずるいじゃん!!

 

って、大先輩方がごねにごねてるってこと。

これを日本では老害という。

昔に比べたら、こんなに違うじゃん!

っていうデータを取らせて、こんなにズルいという証拠を集めてる。

 

世界陸連のシューズ規制案も、データから導いたものじゃないんだよね。

まず規制したくて、それからデータ集めたんだよね。

 

記録がどんどん出てきたら、

俺たちが作ってきた歴史をないがしろにするなよ!!

という過去の遺産を守りたくて、焦り出した。

それが本当のところ。

規則作ってまで守りたいのは、プライドなんだ。

 

アスリートに限らず、勝ちたい、自分の名を刻みたい、

というエゴは、人を動かす強力な原動力になっている。

残してきた功績を、認めて欲しいのが人間だ。

 

試行錯誤の繰り返しで、既成概念を打破し続ける。

それが人生であり、ビジネスであり、スポーツである。

だから、時間の経過、時代と共に、過去は置き去りになる。

記録はどんどん塗り替えられる。

いつかは越えられるのがスポーツだ。

 

VFが世に出てからは、あらゆる距離で記録の更新が一気に進んだ。

シェアの広がり方も凄まじかった。

変化が早過ぎた。

 

だから、「越えられる側」からの、ちょっと待ったが出た。

過去にお伺い立てずに、新しいもの使ってんじゃないよ。

昔はこうだったんだから、それに従っとけよ。

コーさんが言ってる事は、つまりそういうこと。

 

先達の残したものを、後世が引き継いで、既成概念をどんどん打破していく。

それでいいんじゃない?

お茶の間にも広がった「厚底シューズ」の規制話。

機能という科学ではなくて、過去が基準な旧態依然で上意下達なオトナの事情。

 

繰り返します。

VFは現代においてはフェアなシューズです。

 

続編のシリーズ化もあるかも(多分結構先)。

お楽しみに。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2020 All Rights Reserved.