営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

第70回記念富士宮駅伝

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

富士宮駅伝と富士登山駅伝は、チームのメインレース!

その1発目、

全長32.7km(6区間)全225チーム

見次クラブは1:45’20” 総合3位(一般の部3位)でした。

登り区間は向かい風に苦しめられながらも、

下り区間は大幅にタイムを伸ばして、チームとしてもコースベスト!

見次クラブZも総合18位(一般12位)。

新たなメンバーの加入や練習の底上げで、

チームのレベルが年々上がっているのを感じている。

走ったメンバー、サポートスタッフに感謝したい。

この10年で、メンバーの顔ぶれも随分変わった。

若い力のある選手が増えた。

チームの知名度も上がった。

刺激し合って練習して、結果が出て、また新たなメンバーが入ってくる。

その流れがどんどん加速して、止まらない。

14年間見次クラブのランシャツ着て、

色んな大会に出続けて良かったなと、心から思う。

レースで出会ったランナー同士の繋がり、認知度、知名度が、

今日の結果に結びついている。

ちょっと前まで僕が一番若造だったのに、今では頼もしい後輩が沢山できた。

これからが楽しみなメンバーばかり。

安心して世代交代ができる。

どんどん越えていって欲しい。

なーんて言いながらも、まだまだ負ける気無いけど(笑)

 

今日の自分の担当は、2区の4.6km(登り90m)。

中継地点の標高差は90mだけれど、

登って下っての繰り返しが何度もあり、累積では120m登る。

距離と標高差の割にタイムが出ない、

リズムの立て直しがカギのコースだと自分では思っている。

4.7kmとされていた昨年と中継点が変わっていないのに、

プログラム上だけ距離が短くなっている謎・・・

2017年は4.9kmだったが、

2018年から中継点が変わり、そのまま今年で3年目のはず。。。

 

昨年は16’02”で区間4位、一昨年は16’08”で区間6位。

今年こそ15分台!と思いきや、

今日の登り区間(1区~3区)は相当な向かい風だった。

 

調子は良いし、体も動いていたけれど、

気象条件には勝てず、16’15”で区間7位。

タスキを受けた時には、

駒沢大、山梨学院大、滝ケ原自衛隊、富士・富士宮ACとほぼ同時という、えらい展開。

山梨学院と富士・富士宮ACは振り切ったけれど、

駒澤にはあっという間に引き離され、滝ケ原にもジリジリやられてしまった。

傾斜の強い前半の登りで特に風が強く、そこで体力を使って後半の伸びを欠いた。

駒澤は区間新だった。

来年は区間3位以内を獲って、滝ケ原より前でタスキを3区につなげたい。

トラックの持ちタイムでは歯が立たない相手でも、

登りになると同等か、それ以上に戦えるのが登りの面白さだ。

 

これで駅伝シーズンは終了。

静岡マラソンに備えてマラソン練習にシフト!!

 

おまけ。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2020 All Rights Reserved.