営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

第44回富士登山駅伝・振り返り③7区

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

第44回富士登山駅伝競走大会

第44回富士登山駅伝・振り返り①

第44回富士登山駅伝・振り返り②5区

5区から山頂折り返しの6区へ、一般の部トップでタスキが渡った。

2位とは2分42秒の差がある。

しかし、油断はできない。

2位のチームは、6区に大砲を置いている。

ここで順位が入れ替わる事は、想定の範囲内。

むしろ、監督の作戦でもあった。

下りに入れば、山区間でも差は開かない。

6区、7区、8区を、アクシデント無く切り抜ければ、

後追いでもロード区間(9・10・11区)で逆転できる。

 

無理に追って、転倒してタスキが繋がらなく位なら、

見える範囲で安全についていけば、最後は勝てる。

それがチームの作戦だった。

 

5区で貯金をかなり削ってしまい、

後の区間に負担を強いる事になった事を、

6区の細野さんが山頂から折り返してくる間、ずっと申し訳ないと思っていた。

タスキを渡してから、徐々に体の自由が利くようになってきた。

脚が痙攣したり、目がチカチカするような不調も消えた。

 

膝から下に被った砂埃をふき取り、捻挫防止用にテーピングで足首を保護する。

シューズを登り用の薄くて軽いものから、下り用の「X-TALON200(廃版)」に履き替え。

転倒時の保護のためにワークマンの99円のゴム手袋をはめて、下りの7区に備える。

路面がよく見えるように、サングラスは外してスタッフに渡した。

 

7.5合目の砂走館から上を見ると、これから山頂を目指すチームのすき間を縫って、

自衛隊の部のトップチーム、滝ケ原が降りてくるのが見えた。

そこからしばらく間が空いて、後続の自衛隊の部が数チーム通過していく。

来い、来い、来い、来い、、、、

そう呟きながら、山頂方向を見ていると、一般の部の黄色のゼッケンの選手が見えた。

ゼッケン1番をつけたトヨタの選手だった。

その後方、十数メートル差で、オレンジのユニホームの細野さんが付いている。

 

5区の失敗を挽回する、最高のチャンスだった。

危険で苦手だった下りの7区も、今年は全く怖く感じない事を、試走で確認していた。

自分の中で、集中力が一気に高まったのを感じた。

 

トヨタスポーツマンクラブが、トップで7区にタスキをつないだ。

 

横で待機していた兄弟チーム、見次クラブの5・7区の山の神が、

「大将!見せ場だねぇ!!!」と煽る。

山の神は、7区のスペシャリスト。

ブッ込んで、逆転してみろという意味に他ならない。

トヨタ通過から十数秒後、細野さんが見えてきた。

「焦るな!!焦るなよ!!」

細野さんは、確かにそう言っていた。

トヨタとの差は、14秒。

焦って転べば、大怪我するのが山岳区間の下り。

でも、14秒差を、追わないって、、、無いな。

それに、登りを挽回できるチャンスなのだ。

 

山の神なりのエールももらってるし・・・

 

心は火が着いて熱いのに、自分を空から俯瞰して視ているかの如く、頭は冷静だった。

岩がゴロゴロ転がっている急斜面も、一切恐怖を感じない。

完全に集中できているのを感じた。

「引っくり返してやる」

ただただ、前を追った。

今思えば、僕は岩がゴロゴロした路面を全く見ずに、

前を行く選手の背中だけしか見ていなかった。

差が徐々に詰まっているのは分かったけれど、もう少しの距離が詰まり切らない。

相手も必死なのが、後ろ姿で分かった。

最終的に、14秒あった差は、8秒に縮まり、8区の高瀬のアニキに繋ぐことができた。

7区(3.66km・1017m下り)のタイムは、8分24秒で区間6位。

この差なら、逆転してくれる。

タスキを受け取ってから、猛スピードで下って行く高瀬のアニキの背中を見送った。

 

7区は平均傾斜27%で、前半はゴロゴロと岩が点在した危険地帯を、クリアしなければならない。

2017年の7区は、10’02”(区間34位)

2018年の7区は、9’02”(区間7位)

2019年の7区は、8’24”(区間6位)

3回目の挑戦で、随分と縮まった。

5区はタイム落としたけれど、7区とのタイムを合算したら、昨年よりも速くなっている。

X-TALON200(廃版)のおかげで、難易度の高い下りを、安全に攻める事が出来た。

ペラッペラで、サポートが無い分、尖った岩の突き上げに当たるとかなり痛いけれど、

地面の感触を捉えやすくて、高いラグがクッションになり、下りのフィーリングはピカイチ。

ラグがしなって粘るので、ブレーキかけがちな急な下りも、リラックスして下れる。

アッパーの作りも僕の足に合っていて、どんだけ長く急な下りを下っても、つま先が痛くならない。

他のシューズだったら、転んだり、攻めきれなかったかもしれない。

サポートが無い構造で、敬遠されがちなinov-8だけれど、僕は好きだな。

inov-8日本代理店のデサントさん、サポート契約してくれないかな?

今回の富士登山駅伝は、何度も書いている通り、

スタッフ、メンバーに助けてもらいっぱなしだった。

チームに恵まれたことを、本当に嬉しく思う。

 

大の大人が、泣きながら喜び合って、笑いながら涙を流す。

こんなむさ苦しい、オッサンたちが!!笑

 

 

清水ランニングクラブ、見次クラブは、最高のチーム。

陸上部上がりではない僕を、ゼロから経験積ませて、育ててくれた。

次の大会でも、もし自分を必要としてくれるのなら、

出来る準備をやり尽して、もう一度5区・7区を走りたい。

そして、やるからには、2区間での区間賞を獲って、連覇に貢献したい。

 

以上、第44回富士登山駅伝レポートシリーズでした。

大会役員、自衛隊、全参加チーム、応援して下さった方々、ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.