営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

随時更新!本質を追究するブログ

春はギックリ腰?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

3月は腰が痛くなる。

整体を習い始めた頃から、そう教わってきた。

開業してから8年目。

今までを振り返ってきても、春はやっぱりギックリ腰だったと言える。

これからの季節、当日予約の電話が鳴る回数が増える。

常々あまり余裕の無い予約状況としては、断ることも多いかもしれない。

事実、2月もそうやって何件か断らなくてはならなかった。

では、何故春はギックリ腰なのか。

諸説あるが、ここでは僕の観察を通したことを書いておきたい。

本や聞き齧った通説を乗せても、そこに価値があるとは思えないし、僕もそれを認めたくない。

春のギックリ腰。

それは総じて、運動不足からくる筋肉のオーバーヒートである。

寒くて冬の間、お尻に根っこ生えるまで、毎日ほとんど動かなかった体。

Netflix、YouTube、Amazon prime、まだまだ観るものは沢山ある。

知らない間に、足腰は弱くなっている。

寒い時は固まっていた体も、気温が上がるとそれだけで動きが大きくなる。

動くスピード、動く範囲が急激に広がる。

そこに掛かるエネルギーを、筋肉が支えられない。

耐えられないのだ。

瞬間的に固まる。

部分的に傷がつく。

ロックしたまま、動かなくなる。

これぞギックリ腰だ。

同じ流れで、風邪で寝込んでいたところから、復活する間際にギックリ腰を起こすこともある。

メカニズムは先に書いたことと同じだ。

人は重力によって動かされ、重力に抗うことで自分を保っている。

3日も寝ていると、ビックリするくらい脚が立たなくなる。

そこでやり溜めていたことを取り戻そうとすれば、途端に脚やお尻周りの筋肉が悲鳴を上げる。

辿ってみれば、ギックリ腰の種は冬の間に蒔かれていたのだ。

休みの日は家で過ごす。

運動習慣が無い。

これが危険。

施術でやる事は、筋肉のロックの解除と、関節の可動を調整して生活に戻れるようにすることだ。

これまでの流れで起きているものなので、数回の施術は必要になる。

この記事を書いたところで、今月は全くギックリ腰の電話が鳴らなかったとしたら、笑って欲しい。

そしたらまた追記をするだろう。

寒かった冬だから、急に暖かくなる時期、増えるよ。

確実にね。

この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2022 All Rights Reserved.