営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

ジェルは摂らない派

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

10年前はまだ普及してなかったのに、

今ではロードレースもトレイルも、

エナジージェルで補給するのが当たり前になった。

 

この間の島田のフルのスタート前、

遥か雲の上の存在のランナーと、話せる時間があった。

 

「ジェルとか持ってますか?」

「いや、合わなくて持ってないんだよね。

飲んでも変わらないから持たないし、給水も水でいい」

 

5000mは14分前半、フルは2時間26分のランナーである。

 

「ですよねー!僕もジェル飲んで元気になったとか、持ちこたえた事とか、無いんですよ」

 

雲の上過ぎて、10年ぐらい話もできなかったけれど、

ここ1年ぐらいでレースで会えば話すようになった。

同じ感覚を持っている事が嬉しかった。

 

僕も、これまで幾つものエナジージェルを試した。

その中で、ジェルが役に立ったと思った事は、実は一度も無い。

 

むしろ、ジェルを飲んだ時ほど、失敗レースになっている。

運良く勝った時でも、徐々にペースダウンして、最後はフラフラ。

飲んでも飲まなくても変わらなかったなと、ゴール後に感じるのである。

 

その辺りのエネルギー代謝の運動生理学的な話は、

書き出すと年間シリーズになりかねないので、

小出しにするぐらいにしておきたい。

 

ジェルの摂取は、時間ごとや何キロおきというのが、

メーカー側のセオリーなのかもしれない。

 

エネルギー切れする前に、摂れ!

みたいな感じで。

給水も同じ。

喉が渇く前に飲め!

 

って、誰が言い出したのか。

 

飲みたいと感じた時に、飲みたいだけ飲むのが、一番ベストな給水。

食べたいと感じた時に、食べたいものを食べるのが、ベストな補給。

 

過去何度も、1杯のコーラで復活したり、

1個のまんじゅうで覚醒した事がある。

 

今年の静岡マラソンに至っては、

給水所に置いてあるイチゴに、

持ってきた練乳をかけるという、イチゴミルク作戦で乗り切った。

 

その美味さを噛み締めながら、

イチゴは水分補給にもエネルギー補給にも最高だなと、

走りながら口元が弛んだほどだ。

 

思い返すと、僕の練乳バスターは、一度も外していない。

ハーフマラソンのベスト、フルマラソンのベスト、

この間の島田大井川のフル、杓子山パノラマトレイル、全部練乳を持って走っている。

 

練乳は、復活出来たり、持ちこたえたり、

動きが止まらないという体感が、確実にある。

 

来月の福岡国際マラソンでも、練乳バスターをかましたいと思う。

モルテンがOKで、練乳が禁止なわけがない。

 

小さいマヨの入れ物に詰め替えて持って行く。

 

大会によっては、イチゴミルクだけでなく、バナナミルクも有り。

 

ゴール後は、無性にラーメンが食べたくなるのは、練乳の副作用だろう。

 

よい子は真似しないように。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.