営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

シューズが合うか合わないかよりも

ムラタ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

車の灯油漏れ事件から10日。

猛烈な灯油臭は、パーツクリーナーで中和し、

それごと集塵機で吸い取るという技によって、

ほぼ気にならない程度になった。

 

犠牲になったのは、1足のシューズ。

ズームフライフライニットが灯油漬けになり、材質が変性した。

練習エースだったシューズとのお別れになった。

代わりに、ヴェイパーフライフライニット(以下VFFK)を練習エースに格上げした。

練習エースの宿命は、徹底的にこき使われて、履き潰される事だ。

ペースを管理するトレーニングは、

レースで使えるモデルのシューズでやりたい。

 

これまでVFFKは、どうもアッパーの具合や、

ソールの感触が合わないと感じる事があって、

何度かレースで履いてはいるものの、補欠になっていた。

勝負シューズ>練習エース>ジョグ用>補欠

 

補欠になるのは、ジョグ用や練習エースにはもったいないが、

勝負シューズには選ばないという、実に微妙な立ち位置のシューズ。

なぜそんな存在が出てくるのか。

シューズはシーズンごとに、モデルチェンジがある。

カラーチェンジだけならまだしも、新しいモデルで重さや反発性、

素材の変更があると、それまでの勝負シューズは、補欠に回る事になる。

 

モデルチェンジすると真っ先に買うから悪いのだが…笑

 

しかし、履き潰すにはもったいない。

取っておく。

ずっと使われない。

という、ファッションと同じ構図が出来上がる。

 

福岡国際で痛い目を見て、体の使い方を「感覚的」に大きく変えた。

外側から見たら大きな変化は無いかもしれない。

しかし、僕自身の内的な感覚は、とても変わっている。

 

感覚を変えたら、ちょっと合わないなと感じていたVFFKを、

走りにくいなと感じなくなった。

踵が緩くて脱げそうになったり、ソールが不安定に感じる事も無くなった。

 

インターバルも、ペース走も、距離走も、なんならジョグも、

VFFKでいいんじゃないかと思えてくるほどに、マッチするようになった。

 

何が起きたか。

要は、元の僕の感覚が歪んでいたのだ。

シューズが合わないのではなく、自分の動きがおかしくなっていたのだ。

情けない。

 

ペースを管理して走る時に使うVFFKと、

ジョグや時間走で使うフリークスジャパンは、

ソールの材質や構造、重さも全く違うシューズでありながら、

福岡国際後からは、同じ感覚で走れるようになった。

どっちも走りやすい。

フリークスジャパンは、驚異的な耐久性がある。

こんな丈夫なシューズは他にない。

 

全く違うシューズを、同じ感覚で履けるようになって、改めて分かった。

シューズが合う合わないは、使い方や感覚を含めた、体の状態が大きく左右する。

状態の良くない時ほど、合う合わないの差がひらく。

状態が良い時は、何でも履ける。

 

ランナーが常に、良いと感じるシューズを追い求め続けるのは、そんな理由が大きい。

「他はもう履けない」というのは、要注意。

 

練習エースに昇格したVFFKは、

今後は構造が崩壊するぐらい、こき使ってみたい。

この記事を書いている人 - WRITER -
ムラタ
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2019 All Rights Reserved.