営業時間9:00~20:00(最終受付)完全予約制・第3日曜日休他

静岡県焼津市(大井川町)藤枝市の整体院、癒しから骨格調整・骨盤矯正まで、身体の仕組みに沿った見立てと施術「からだ工房らくだ」

ほぼ毎日更新!本質を追究するブログ

カネの使い方の決め方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら

今週末は、静岡県知事選挙がある。

誰に票を入れろと言う話ではない。

 

僕は少なからず、世の中に対して不満を持って生きている。

それはまた、自分の中のエネルギーになっていることは間違いない。

自分ではどうにもならないものは割り切って、諦める。

納得いかない事に関しては、屈さない。

あっさりしている一方で、まぁまぁメンドクサイ性質だと思っている。

 

日本の選挙の投票率は低い。

地方選挙では投票率が50%を割ることは珍しくない。

 

選挙に行っても世の中良くならない。

入れたいと思う候補者(政党)がいない。

 

ごもっともだ。

その通りである。

 

政治家にロクなやつなんかいない。

選挙に立候補するのは、目立ちたがり屋か金儲けしたいやつだ。

志や哲学を持って人の役に立とうとする人間は、

既に自分の生業を通して世の中から求められる仕事をしている。

優秀な人間に選挙なんかに出ている暇は無い。

 

だからこそだ。

だからこそ、ろくでもない信用のおけない人間の中から、

相対的にマシな人間を選ばなければならない。

その忍耐が選挙なのである。

 

民主政治は最低の政治形態だ。

しかし、これまでの王政や貴族政治といった過去に比べれば、

最低ながらもマシなのだ。

 

僕ら庶民がしなければならないのは、

満足はいかないが、他の候補者に比べれば多少はマシ。

という候補者に票を入れることだ。

 

ベストを選ぶのではない。

ベターしか選ぶことはできない。

 

政治家を選ぶことは、払った税金の使い道を決めることだ。

自分が稼いだカネは、使い道だって自分で決めたいだろう。

それが選挙だ。

 

投票に行かない、政治に興味が無いというのは、

レストランに行って、

何が出てきても文句を言わない人と同じ。

 

食事をするとき「デミグラスソースのトロトロオムライスをお願いします」とか

「げんこつハンバーグをオニオンソースで」とか、

「半チャンラーメンチャーハン大盛りでとか」、

食べたいものを注文してその代金を支払う。

 

「何でもいいので持って来てください」とは言わない。

そういったお任せコースも場合によってはあるが、

それは完全なる信任のうえで成り立つ選択だ。

 

選挙は「何をいくらで買うか」という、消費行動と同じ。

 

税金はこういう使い方をして欲しい。

こういう使い方はして欲しくない。

という注文をつけることが、選挙に行くこと。

 

まさにビジネスそのもの。

整体屋は職人でもありながら、経営者でもある。

自分が何が欲しいか、欲しくないかは、

世の中が何を求めているか、何を求めていないかと同じ。

 

選挙に行かない、または白票を入れるというのは、

「現在の政治を支持します」

という意思表示に他ならない。

 

いや、そんなこと思っちゃいないよ!

 

という堂々巡りが繰り返されそうなので、釘を刺しておこう。

 

ここまで読んだこと、もう一回よく読め!!!

 

選挙に行っても、世の中が変わる気がしないとか、

ろくな候補者がいないのならば、

今の政治が良くないと思っているのだろう。

良くないのならば、自らの手で変えてやればいい。

 

更に、ここで大事なことを書いておきたい。

どんな社会でも、行政府からお金をもらっている既得権益者(補助金や公共事業)は、

全体の20%はいる。

 

そういった人たちは、後援会を作って政権与党に必ず1票を入れる。

それが、もらえるお金を守ることにつながるからだ。

 

この国のように、投票率が50%くらいだと、

圧倒的に政権与党が有利になる。

100票のうち、20票は既に押さえているので、あと5票で過半数に達する。

無所属の新人は、25票取らないと勝てない。

その差は5倍。

そこに挑む新人の参入意欲すら湧かない圧倒的な壁が存在する。

 

明らかにデタラメな政策を連発する、

グズグズの政治家と行政府でも、選挙で勝てるのはこのためだ。

不正選挙をしているのではない。

既得権益者にお金を落とし、

その見返りに票をもらうという関係が成り立っている。

 

仮に、投票率が80%に上がったとしよう。

政権与党の候補者は、過半数(40票)を得るために、

もう20票上乗せしなければならない。

(既得権益者の票で20票入る)

 

新人も40票取る必要があるが、その差は2倍。

2倍なら、勝ち目はあるかもしれない。

投票率が上がれば、政治に新たな風が吹く可能性が高くなる。

 

長くなったので、ここで改めてまとめておきたい。

選挙とは、買い物である。

以上!

この記事を書いている人 - WRITER -
体の本質を研究する整体師、元消防士でランナー スポーツ障害のケア、癒しから調整、矯正まで
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 焼津市・藤枝市の整体 からだ工房らくだ , 2021 All Rights Reserved.