WBCも遠い昔に感じられ、甲子園もとうとう決勝。

桜が咲く前に何かが散ってしまったかのような焦燥感!!!

というのは大袈裟すぎる。

 

日頃知名度はあまり高くはないが、この静岡にも大学野球の学生野球リーグがある。

東海地区大学野球リーグの、静岡リーグだ。

わが母校はリーグ発足当時からの加盟校である。

 

静岡リーグも、4月1日に春季リーグ開幕を迎える。

 

 

昨年から監督からの依頼で、静岡大学硬式野球部の選手のケアにも携わっている。

 

実はケアに行き始めた当初は、僕を必要としてもらえるか不安だった。

学生はカラダの事に疎い面もあるし、僕のケアがどれほど役に立つか自信が無かった。

クロスプレーでの外傷もあるし、

手術や繰り返しの故障を抱えている選手も少なくないからだ。

 

でも、行き始めてからずっと「今日お願いしてもいいですか?」

という声が途絶えたことがない。

これは嬉しいことだ。

 

私立大と違い、選手を集めることはできない。

設備も不足ばかり。

それでも、いまある状況をどうしたら打破できるか、選手が徹底的に考えて戦う。

弱者の兵法である。

 

それで甲子園ボーイ達がわんさか集まる私立大から、勝ち点をもぎ取るから面白い。

選手を集めることは出来なくても、

そんな戦い方を見て集まってきてくれる選手がいるのも事実だ。

 

肩や肘、腰や背中、脚…つまり全身。

それぞれの選手のケアが必要な部分を触りながら、

僕なりのアドバイスも伝えるようにしている。

今だから分かることや、終わってみて分かったことも沢山ある。

 

選手と同じように戦おう。

出来るケアをすることが、僕の応援の仕方。

 

もう一回野球したい!

整体師のムラタでした。

 

「からだ工房らくだ」

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他