元旦から3日間の間には、例年ほど餅を食べなかった。

冷蔵庫に大量には餅が冷凍されている。

そして、今日は7日。

鏡餅を食べる日だ。

 

午前中のエネルギー源は、前の晩の夕飯でチャージする(朝は飲み物だけ)ので、七草粥は無し。

昼は寂しく1人で丼飯をかき込み、鏡餅は夕飯に回されることになった。

 

今夜は我が家は鍋だった。

奥さんが気を利かせて、鏡餅を切って油揚げの巾着に入れて鍋の具にしてくれた。

見た目にも、とても美味しそうに見えた。

 

夜の施術が終わってから、家族3人がつついた鍋の残りを頂く。

とりあえず、最初に餅入りの巾着から食べた。

油揚げと餅という「油+タンパク質+炭水化物」という組み合わせは最強の美味しさだからだ。

ところが、鍋は熱々なのに巾着の中身の餅はカッチカチだった。

歯が折れるか顎が壊れるかというくらいの硬さだった。

 

奥さんの陰謀かと思われたが、そんなことを言うと後が怖い。

 

なぜか巾着入りの餅を食べて思い浮かんだのは、関節液(滑液)のことだ。

カラダの中で動きのある関節は、基本的に「滑膜性関節」といい、

滑膜という袋(関節包)に覆われている。

そして、その袋の中には関節液が入っている。

 

関節液にはある性質があって、温度と動き(衝撃・振動・圧力)によって硬度が変わる。

温度が高くなると滑らかなサラサラした性状となり、逆に温度が低くなるとドロッとした状態に変化する。

それから、揺さぶられたりして動的な圧力がかかると、滑らかな状態になるが、放置されると低温状態と同じように硬度が増す。

 

寒い中でじっとしていると、動き出しがギクシャクするのは、関節の中の関節液が硬くなっているからだ。

 

準備運動で関節を動かすのは、動的圧力と体温上昇の2つで関節液を滑らかにしてカラダの動きを良くするのと同時に、関節を保護する意味がある。

関節を動かさずにストレッチをしても、故障の予防は期待できない。

 

餅も関節液も、似たような性質があるなと、ふと思ったのだ。

餅だってつきたては柔らかく、時間が経つと硬くなり、熱を加えると柔らかくなる。

 

油揚げの巾着に入っていた餅は、12月30日から今日まで放置されていたために、

すっかり水分も抜けきってしまい、柔らかくするのに時間がかかった。

 

人間の関節も同じだ。

関節が動くことで関節液が循環して代謝が生まれる。

関節包にも柔軟性が出ることで、カラダの動きが滑らかになる。

動くためには、動かし続けないと、餅のように硬くなってしまう。

 

そんなことを考えていたら、またまた食べ過ぎた。

明日の午前中のエネルギーチャージは完璧。

餅の誘惑には勝てない。

 

明日は「蓮花寺3時間走」開催です。

食べ過ぎの腹もへこむかな。

 

「からだ工房らくだ」

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他