日本シリーズ第三戦が熱過ぎて、ブログの更新に支障が出ています(笑)

日本が世界に通用する数少ないスポーツである野球。

 

どこかのバーにサポーターが集まって、ワイワイガヤガヤ騒いで一喜一憂して、

毎回「負けられない戦い」と言いながら、

毎回負けて監督をコロコロ変えるプロスポーツには、どうしても僕は惹かれません。

 

野球の中でも、特にプロ野球はショーであり、エンターテインメントです。

ガチンコでプレーする選手の姿、またその試合展開、その全てがショーです。

球場のフィールドは、ステージです。

 

プレーする選手の一挙手一投足が、ファンを楽しませる。

そのレベルが高い程、試合がもつれればもつれる程、面白くなる。

そこに価値が生まれるわけです。

 

メジャーリーグの選手にせよ、日本のプロ野球選手にせよ、

自分たちのプレーがショーであり、自分はエンターテイナーだということを、

しっかりわかってプレーしています。

 

プロ野球とJリーグの差は、選手の顔つきや雰囲気、また話し方にハッキリ出ます。

同じプロ選手でも、厚みが全然違う。

 

プロ野球選手は集中力というものの切り替えはあっても、

モチベーションというものが存在しないように感じます。

プロだから、気持ちの上がり下がりがプレーに出てはいけないのです。

 

ところが、サッカーでは当たり前のようにモチベーションという言葉を使います。

気持ちの上がり下がりがプレーに出てしまい、感情でプレーしているように見える。

 

その差が、野球選手とサッカー選手の顔つきや話しぶりに、明らかに出ています。

 

何が違うかって、意識の差です。

 

日本シリーズ第三戦は、日本ハムが1勝目を挙げました。

どれほどこれから楽しませてくれるでしょうか。

 

今年の日本シリーズは、やっぱり特別です。

 

「できる」を増やす整体院

からだ工房らくだ

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他
 
写真と日本シリーズは関係ありません

12054