いかにも運動生理学っぽいテーマ。

でも計算や理屈はあまりに面倒で味気ないので、今日はある事例を元に考察を。

 

僕にはコソコソと通う場所がある。

藤枝市内のお寺である。

座禅を組みに行くとか、そういうことではないけれど、

位置づけとしては「修行」だと思っている。

 

何をしに行くかと言うと、ただ階段を登りに行くだけ。

たった100mの階段のために、コソコソと足しげく通う。

 

僕は速いランナーではない。

でも、強さには少しばかりの自信を持っている。

特に登りに関しては、敵わない相手は日本でもせいぜい10人くらいだと思う。

 

登りが得意なのは、生まれつき受け継いだものもある気がする。

でも、それ以上に「修行」を積んでいるから、

富士登山競走でも富士登山駅伝でも結果を残すことができている。

 

今年の富士登山駅伝で僕が走った区間は、登りは2.88kmで664m登る。

タスキが山頂で折り返して復路に入ると下り区間は2.63kmで664m下る。

登りの傾斜は平均で23%になる。

酸素濃度はおおむね17%、ろうそくの火が消えるか消えないかの濃度。

足場は砂礫で、3歩進んでも2.5歩くらいズリ落ちる。

 

そんな区間でもグイグイ走って登ることができるのは、階段のおかげである。

ハッキリ言って修行で使う階段の方が、富士山より何倍も厳しい。

9467

僕がコソコソ登っているのを、丸山歯科医院の丸山先生にも勧めてみたところ、

本当に登りに行って下さり、ブログにもアップして頂いた。

 

丸山先生のブログでは、階段は220段となっている。

しかしながら、修行ではその先のお姫平までの砂利階段もコースに含んでいる。

 

階段には何度も登っているため、かなりのデータがある。

お姫平までのベストタイムは1分13秒。

修行では、登って降りてのインターバルを何本も繰り返す。

 

今までいくつかの設定でインターバルを行ってきた。

①登り1分25秒~28秒(下りも含めた休憩2分)

この設定だと、7本終了で脚が動かなくなって8本目が出来なくなる。

 

②登り1分30秒~35秒(下りも含めた休憩2分)

この設定だと10本終了で脚が動かなくなる。

 

③登り1分30秒~35秒(下りも含めた休憩1分30秒)

この設定だと、6本終了で歩くのもままならなくなる。

 

1本ごとのタイム設定を変えるか、休息時間を変えることで、

こなすことができる本数がかなり変わってくる。

最もきついのは③で、心肺機能も脚筋力もオーバーヒートする。

 

脚筋力にも左右されるが、登りの数秒の違いと休息時間の違いが、

酸素の消費と供給量の分岐点の釣り合いを取らせなくするようだ。

 

酸素の消費と供給の釣り合いを取らせなくすることで、

心臓血管系、呼吸循環器系は能力が開発されていく。

体中のミトコンドリアも増大する。

 

③の場合、トレーニングにかかる時間は約17分である。

量より質を追求した究極のインターバルだと思っている。

一番やりたくない苦しいことをすると、人の力が伸びる。

 

週1回、17分間集中する。

僕のトレーニングは、実はこれだけだったりする。

 

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他