走る背中の作り方

走る背中の作り方

ここ3年くらいは、カラダのバランスがビシッと極まった時と、

うまくハマらない時と、そんなこと交互に繰り返して走っています。

 

走れる時は、走る背中が出来た時。

苦しんだ割にタイムが出ない時は、背中が極まらなかった時。

 

この「走る背中」というのが、実に微妙なバランスなのです。

ちょっとしたことでハマり、ちょっとしたことで感覚を失います。

 

ハマっている状態は、脚力を使わずに走れます。

胸郭が開くので、呼吸も楽です。

力みが抜けるので、リラックスして走ることができます。

動きやすくて、楽に立てて、肩も腰もどこも張らない。

この状態で仕事をすると、パソコンも長い時間苦痛でないし、

重いものを運んだり、台所に立っていても楽なのです。

 

「ここにカラダを乗せるのか」というのが、ハマるとわかります。

ただ、僕もすぐに見失う…

ハマっている時は、それがすごく自然体に感じられて、無意識になるんですね。

無意識になると、知らない間にズレてきます。

それに気が付いて、ハメようとすると、ハマっている状態とは似て非なる状態になり、

段々と感覚を見失っていくのです。

 

昔、プロ野球選手が「調子のいい時ほど危ないんだ」と話していたのを、

聞いたことがあります。

不調の時は、なぜ不調なのかを徹底して追求して改善に努めますが、

好調の時は、なぜ今は調子が良いのかが分かりにくかったりします。

いい感覚というのは、なぜその感覚の状態にあるかということが分析できないと、

直ぐに手から抜け落ちていってしまうようです。

 

今は仮の名前で「走る背中」としています。

これは、日常生活やスポーツや、どんな場でも応用の利く、

ヒトが動くときの基本の背中の状態ではないかと考えています。

走る背中は、立ち方の基本でもあります。

 

「走る背中(仮称)」の感覚をつかみきれないのは、僕の修行不足です。

この背中の状態、バランスを再現性と普遍性のあるものに、

「技化」できないかというのが今の課題です。

 

誰にでも、背中の極まった感覚がつかめて、その状態を維持できる。

それを体験、体感することでカラダの可能性を広げる。

どうやったら、再現性が高くできるのか。

ここを掘り下げていかないといけませんね。

 

女性は凛として

男性はより力強くしなやかに。

 

背中の探求は続きます。

 

しっかり説明して施術する整体院

からだ工房らくだ

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他
73592_171965962949738_1559616709_n