詰める程に心理戦なのだ

詰める程に心理戦なのだ

今日も1日、お疲れ様です。

WBCの日本は負けても、決勝戦は日本国民全員に観て欲しいというのが僕の願い。

 

今日は仕事をしながら、一瞬手が空いた時に日本対アメリカをチェック。

予想通り、どちらも均衡した締まったゲームをしていた。

乱打戦も悪くはないけれど、一進一退や膠着したゲームの方が、ずっと引き込まれる。

 

今回のWBCを観ていても分かるように、レベルが上がる程にまぐれは無くなる。

運良く切り抜けるとか、たまたま打てたとか、そういうのが無くなる。

少しでも甘いボールになれば、全て打たれる。

たった一例も許してくれないのが、一流だ。

 

だから、基本的に凡ミスはあり得ない。

全て狙って意図して行わない限り、突破口は開けない。

 

対戦相手と、ほぼ互角の力であったら、何が勝敗を左右するのか?

前日の食べ物?

飲んでいるサプリメント?

履いているシューズ?

 

違う。

そこで勝敗が分かれるのは、アマチュアの中の更に3流草野球クラスの話だ。

 

勝負の分かれ目になるのは、人間の心だ。

レベルが高くなる程に、プレーはほぼ機械的になっていく。

正確性、精密さが増して、ミスが出なくなる。

相手の正確性を鈍らせる、ミスを誘うには、人間の心を揺さぶるしかない。

 

どんな競技も、突き詰めていくと勝敗を分けるのは心理戦なのだ。

相手からの揺さぶりを、どうしのぐか。

相手の心理を、どのようにしたら撹乱させることができるか。

 

プロスポーツが人々を魅了するのは、そこに心理のせめぎ合いがあるから。

華やかなプレーの陰で、実は僕らはそこを無意識のうちに楽しんでいる。

 

その一方で、どのようにしたらもっと打てるかといったことや、

どのようにしたら捕球のミスが無くなるかといったことは、

実は戦う遥か以前の「準備段階」ですることであって、戦略以前の問題だ。

 

多くの高校球児がこの準備段階に3年間を費やしてしまって、

実戦での戦い方にはほとんど手が回らないまま、夏の最後の大会を迎える。

準備段階をひたすら押さえて勝てるのは、せいぜい地方の2、3回戦であって、

最終的に決勝を勝ち上がることはできない。

 

これは、世の多くの野球指導者が陥る、落とし穴だ。

トレーニング法や器具を使ってカラダを大きくすることや、

優れた施設や道具を使って練習して技術を磨いても、それでは勝つことはできない。

準備段階と戦い方をはき違えると、ろくなことが無い。

 

だって、そうして準備を整えて土俵に立つのは「当たり前」だからだ。

全部完璧に整えて、本来は五分五分なのだ。

ところが、実際には準備不足の所が多いから、相手が勝手に自滅していくことになる。

 

WBCの準決勝、決勝クラスになれば、

それぞれが五分五分で準備ができている選手、チームが対戦することになる。

だから、本当の意味での戦いが繰り広げられていて、目が離せなくなるわけだ。

 

これは、マラソン、駅伝、陸上競技、

ロードレース、トレイルレースにも言えることであって、

いくら速くなるノウハウをつぎ込んだところで、

強くもならないし勝てるようにはならない。

 

本番は、相手とどう戦うかが求められる。

戦えるようにしておくのは当り前の準備であって、ゴールではない。

 

今日のWBCの勝負の分かれ目は、

日本を慌てさせるアメリカ選手の判断の速さと、思い切りの良さ。

8回に松田の守備のミスをさせたのは、芝でも雨でもなく、

3塁ランナーの全力ダッシュだった。

 

ゆるい打球に、全力で走るランナーが視界に入れば、焦るよね。

 

WBCの後は、春の甲子園でお楽しみくださいー!

 

「からだ工房らくだ」

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他