昨年の11月、こんな記事を書いていた。

「腕相撲によるギックリ腕」

結婚式で酒に酔った勢いで腕相撲選手権が開催され、

見事に初戦敗退を決めた後の、置き土産的な肘の痛みだった。

その肘の捻じれ方はなかなかのものであったたので、記憶にもよく残っている。

 

そして、同じくらいの肘関節の捻じれを起こした方が、

今日は初診でいらしてくれた。

きっかけは腕相撲ではなかったけれど、状態は似ていた。

 

清楚なマダムが、ゴルフができないことを悔やんでいた。

 

肘の痛みと言えば、野球肘というフレーズを聞いたことがある方も少なくないだろう。

野球肘の多くは、関節包周囲の癒着を伴っていることが多い。

癒着の原因は幾つもあるけれど、癒着を取るだけでも復活することもある。

 

腕相撲等で瞬間的力が加わって、捻じれた状態になってしまった場合、

癒着を取るだけでなく元のポジションに戻す作業が要る。

関節に正常な動きを戻すのは、鍵のかかった金庫を開けるような工程に似ている。

 

関節が柔らかい女性の場合、

重い物を持ち上げた際や、モノをつかんで引いた際にも関節がズレてしまうことがある。

 

カラダは柔らかいほどいい。

関節は大きく動くほどいい。

というのは大きな誤解であって、動きすぎる位なら硬い方がカラダは痛めない。

 

硬いものは柔らかく、柔らかいものは硬く。

その振れ幅の中に、ベストなポジションはあるのではないか。

フニャフニャの女性は、危ないなぁ。

 

今日はここまで。

ご一読ありがとうございました!

 

「からだ工房らくだ」

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他