「そんなことしたら、筋肉痛になっちゃうよ」

弱くなっている筋肉や、バランスとの兼ね合いで、

筋力強化の話を患者さんとする時によく出る言葉です。

 

いいじゃないですか。

筋肉痛。

動けなくなるくらい、筋肉痛になればいいです。

その痛みは、非常事態ではなく、健康でいるために必要な刺激に対する正常な反応です。

 

筋肉痛を起こさないできた筋肉は、ペラッペラで、スッカスカで、縮まない、伸びない。

関節を動かす仕事もしなければ、むしろ関節を動かすブレーキになって邪魔をします。

 

生まれ変わりのない、代謝の起こっていない筋肉は、カラダの動きを悪くします。

もちろん、姿勢にもそれははっきりと現れます。

 

筋肉痛にならないと、できていたことが、どんどんできなくなるんですね。

やれていたことも、知らないうちにできなくなっていきます。

 

過去の栄光が消え去るのは、一瞬なのです。

筋肉痛は、得るものがある痛みであり、時間が解決する痛みであり、

逃げれば損をする痛みです。

 

筋肉痛ぐらい、我慢しなよ。

もっと痛いの、ずっと痛いの、やってくるよ。

どっちがいい?

 

「そんなことしたら、筋肉痛になっちゃうよ」と言われると、ちょっとイラッとします。

その習慣が、今のカラダを作っている。

カラダを変えるには、その習慣から変わらないと。

習慣を変えるには、認識を変えないと。

 

認識が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、カラダが変わる。

カラダが変われば、人生が変わる。

 

筋肉痛とは、お友達です。

仲良くすると、いいことありますよ。

 

鉄筋製のカバ

11374

「できる」を増やす整体院

からだ工房らくだ

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他