真ん中のノイローゼ

真ん中のノイローゼ

4月も早半ばに差し掛かり、ここ静岡県中部でも桜が満開になっている。

田んぼの草が生い茂り、走っていると目や口に虫が入るようになってきた。

土手のヨモギが白い毛をまとって生えているのを見ると、どうやって食べてやろうか考えてしまう。

 

また今年も春らしい春がやってきた。

 

これからの季節、新年度に替わった緊張感が抜けて環境に慣れてくると、

必ずと言っていいほど神経性の不調を持った方が多くなる。

現実を見て将来性を見通すと、大して意欲も湧かなくなり、毎日を流すようになる。

何か違うと思いながらも、周囲の目を気にして体裁を取り繕って、自分に嘘をつくようになる。

 

自分で自分を騙し続ける。

これを、毎日続けると、段々と脳の神経系統に支障が出てくるようになる。

やがてそれは、カラダにも様々な症状として表れる。

 

夜眠れない。

寝ても疲れが取れない。

夜中に目が覚める。

眠れないからお酒を飲む。

内臓と脳の働きが落ちる。

気分が晴れない。

食欲が無い。

お腹がゆるい。

吐き気がする。

頭も痛くなってくる。

etc……….

 

そう、カラダは正直なのだ。

いつもあなたはカラダに支配されている。

 

周りの人達と同じように、出来上がった世界の中で生きようとするほど、

ノイローゼになっていく。

そんな環境と自分自身に嫌気が刺しても、一歩を踏み出すことを恐れて、

満足したふりをして一生を終えていく。

標準や平均、人並みに自分を照らし合わせることを選び、囚人のように囲われて生きていく。

 

将来を見通して、予測を立てて、面白味の無い世界で生きたふりをして埋もれていく。

明日が来る保証も無いのに。

 

ということを、ノイローゼになる人は心の奥底ではわかっている。

わかっている自分に、嘘をついている。

だからカラダは「おい、嘘つきはそろそろやめようぜ」って色んなサインを出す。

 

ここ静岡県は、色んな意味で真ん中に位置する。

地理も文化も、真ん中だ。

気候も気質も、どちら寄りでもない。

だからより普通で居ようと、標準的であろうとするのかもしれない。

 

普通って何だ?

標準的って、カッコイイか?

 

僕が残念なのは、

春から初夏にかけて神経性の不調を抱えた大人を、子どもが見ているということだ。

そんな大人みたいになりたいと思う子が、いるだろうか。

 

うつ病なんて病気は、この世に無い。

住む場所も、着る服も、食べる物にもお金にも困らなくて全て満たされた人間が、

生きる目的を見失ったことでなる贅沢病がうつ病だ。

 

これから、自律神経系の不調をおなかと頭部の施術でケアする「お な かの整体」のメインシーズンに入る。

でも「お な かの整体」を受けることでは、自分についている嘘は消せない。

自律神経系の不調で悩みながらも、

「こうしたい!」「こうありたい!」という正直なマインドを持っていると、

「お な かの整体」があなたの追い風になる。

 

ささ、悪口と営業はこの辺で。

 

参考文献:「明日の学び舎」二見隆亮 リーブル出版 2017.4.15

僕もコーチをしているランニング塾の代表が出された名著

スパイスが効いた1冊。

 

「からだ工房らくだ」

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他