走ることは、自分のライフワークのひとつに組み込んでいる。

走らない人には全くわからないし理解もされないが、

走ることには色んな意味がある。

 

そのことについては追々書いていく。

 

仕事をしながら走るのは、スケジュール管理との闘いである。

スケジュールの影響の無い早起き生活には、まだシフトしきれていない。

そのため、隙間の時間を見つけて「ガツンと走ってスパッと終わる」ようにしている。

 

今日は昼前に、約1時間だけ使える時間を捻出した。

1時間の中で何をするか。

1km4分で行けば15kmの練習になる。

ただし、1km4分のペースでは大して練習にはならない。

しかしながら、速くないペースとはいえ、日曜日のフルマラソンの伴走でのダメージも残っている。

 

では、どんなトレーニングをするか。

インターバルトレーニングは、疲労もあってペースが中途半端になりそうで×

疲労を抜くためのロング走をする程、ダメージは無い。

 

どうするか。

思い浮かんだのは16km(河川敷を8km昇って折り返してくる)を、

1時間以内で終わらせる練習だった。

1km4分のペースでは64分かかるのでアウト。

16kmの間にペースアップして60分で終わるようにすればいい。

 

長距離の練習では、8kmとか16kmという数字の距離をよく使う。

12kmというのもある。

 

ウォーミングアップなんて悠長なことをしている時間は、無駄である。

小雨の降りしきる中、ストップウォッチを押して走り出した。

 

走り出した時は小雨だったのに、走るにつれてどんどん本降りになってきた。

こんな時に、手袋を忘れた。

カッパも着ていないし、半ズボンにロングTシャツという出で立ちである。

 

ノーアップで走っているので、非常に寒い。

こんな時には、色んなことが頭をよぎる。

 

「やっぱり今日は15kmにしようか」

「やっぱり6kmで折り返して往復12kmでもいいんじゃないか?」

「10kmでも悪くないよね」

「脚も結構筋肉痛あるし、寒いでしょ?」

 

別に体調が悪いわけではない。

単に雨が降って寒い「だけ」である。

 

人間は、常に言い訳を探して生きている生きものなのだということを、痛感する。

さらに前半の8kmは向かい風で、自分の中の「言い訳星人」が顔を出しかけていた。

 

とりあえず、5kmを通過する。

これで折り返しで10kmということは無くなった。

更に6kmも通過。

これで12kmの練習になるということも無くなった。

 

河川敷の上流に向かう程に強くなる風に逆らいながら、ついに8kmの折り返しまで来た。

ここまで来ると、気持ちが楽になる。

後半はややペースアップしながら、負担が少なくスピードの出るフォームを考えながら、

何とか16kmを走り切った。

 

タイムは59分29秒。

GPSでは16.13kmとなっており、平均ペースは1km3分42秒だった。

マラソンコースのキロ表示と多少誤差が出るのは仕方ない。

何とか1時間以内に練習を終えることができた。

心拍数も一番上がった所では97%まで上がっていた。

 

走ることは、いくらでも言い訳ができるものである。

逃げようと思えば、できない理由とやらない理由は無限に見つけることができる。

それを繰り返すと、やがて思考回路にクセが付き、体質に変わっていく。

 

今日も、紙一重だった。

できるのに、できないと決めているのは自分だし、

やれるのに、やっていないのも自分なのだ。

 

「やれんのに、手抜くなよ」

そんな言葉を自分にかけた昼の1時間だった。

 

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他