死亡前死因分析…手帳の隅にメモってあった言葉だ。

いつ、どの本に載っていたかは定かではない。

「後悔先に立たず」とも近いかもしれない。

 

ざっくり言うと死亡前死因分析とは、

「ある意思決定の後、大失敗に終わったと仮定し、なぜ失敗に終わったのかを分析する」

というものだ。

いくら周到に練られた計画でも、理屈でも戦略でも行動でも、

どこかしらに穴やほころびがあったりするものだ。

思いもよらないことが、大失敗の引き金になることだってある。

 

死亡前死因分析は、詰めの甘さと、気が付いていない落とし穴を探る視点だ。

上手くいっていても、問題ない場合でも、

そんな時こそあえて「大失敗になる」というシナリオを書く。

死ぬ前に、何で死ぬかを分析することで、失敗を防ごうという手法だ。

 

現代は情報がとにかく多い。

身の周りから入って来る情報が多すぎて、ついつい受け身に回ってしまう。

オンライン上でも、TVからでも、受け取ることが多過ぎる。

自分の中で情報の取捨選択をして、咀嚼することをついついおろそかにしがちだ。

 

主体性も薄くなれば、自分の置かれている状況に危機感だって感じない。

焦りなんて全くない。

 

「このままではヤバい」

 

そう思うことで、色んなことが動き出すのに、日本は平和過ぎて危機感も薄い。

だからこそ、このままでは「大失敗する」と問答無用に将来を確定させて、

考えを巡らせることも必要ではないかと思う。

 

僕は2011年頃に「このままではヤバい」と思って、水面下で動き回った。

師匠に会って、整体を学んで、今はこうして整体屋になっている。

 

一番危ないのは「安泰」という幻想に寄りかかってしまうこと。

生き方の流れが、止まってしまう。

新陳代謝を常に促すために「このままでは大失敗になる」と仮定してみることは、

良いスパイスではないだろうか。

 

いつだってこの地球上は生存競争にあるのだから、生存本能は働かせておかないとね。

生存本能が脅かされないと、立派な大人が「うつ」になる。

怖い怖い。

 

それではまた。

「からだ工房らくだ」

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他