昨日の静岡マラソン2017(42.195km)は、

2時間36分20秒(スタートラインを越えてからは2時間36分07秒)でゴールした。

これまでフルマラソンの大会は練習の一環で出ていたので、フル用の練習はしてこなかった。

今回は、フルマラソン用のトレーニングを積んで挑んだ。

 

なぜフル用の練習をしたか。

それは、ひとつの人体実験をしたかったからだ。

 

走るということは、

それ自体が楽しみであったり、

記録の向上を目指したり、

自己表現だったり、

交流を楽しむものであったりする。

色々な形がある。

 

より自由になる手段が、走るという行為なのだ。

 

にもかかわらず、走る程に故障をするランナーは多い。

距離を伸ばす程に、

走り込めば走り込むほどに、

ハードワークを積むほどに多くのランナーが故障をしていく。

 

そのせいで「強度の高いトレーニングは、危険」という認識が広まっている。

これを広めているのは、世の治療家達だ。

カラダの持っているチカラや可能性がかなり伸びしろがあるのに、

 

あたかも「ハードに使うから悪くなる」ように洗脳をかける。

それは治療家が逃げるための言い訳だ。

 

治療家がしなければならないのは、

故障の治療ではなく、手技や教育で故障をしないカラダにしていくことだ。

これをしていないから、走り込むとどこかが痛むカラダになっていく。

 

間違えてはいけないのは、「怪我」と「故障」は根本的に違うことだ。

怪我はいわゆるアクシデント、事故であって、

外側からの物理的な力によってカラダが壊れることを指す。

血が出るものもあれば、出ないものもある。

 

キャベツの千切りで指を切ったのは「怪我」

デッドボールで骨折したのは「怪我」

タンスの角に足の小指をぶつけて腫れるのは「怪我」

ドアに指を挟むのは「怪我」

 

「故障」が「怪我」と違うのは、物理的な外力による損傷を伴わない点だ。

何年も腰が痛いのは、怪我ではない。

デスクワークで首が痛いのは、怪我ではない。

走り込みでいくら腰が痛くても、それは怪我ではない。

走って膝が痛いのも、踵が痛くても、足首が痛くても、怪我ではない。

 

これらは、ほとんどが故障だ。

ちなみに丁度1年前、僕が膝を手術したのは山での事故が原因で「怪我」にあたる。

怪我は防げないものではないが、不可抗力が働くこともあって、避けにくい。

 

だが、故障は違う。

故障を起こす原因は、カラダの歪みと使い方である。

故障は、防ぐことができる。

カラダの歪みに気が付かないから、故障を繰り返すのだ。

 

僕がやった人体実験は、歪みを正せば故障しないことを証明する実験だ。

方法は簡単だ。

毎日休むことなく、ハイペースで長距離を踏み続ける。

休養日は、ほぼ無し。

 

12月は556km、

1月は658km、

2月は625km、

ハイペースで走れば、短い時間で練習が終わる。

1時間あれば、16kmは少なくとも走れる。

朝の目覚めの30分ジョグと合わせて、最低でも毎日20km以上になる。

 

3カ月の間で、故障は一切無かった。

故障する気配すら無かった。

総仕上げで走ったマラソンも、問題なく走った。

これで分かったことは、「故障は歪みと使い方が原因だ」ということだ。

 

走り込みはカラダを傷めるものではなくて、強固にするもの。

 

唯一残念だったのは、

2時間30分切りを狙った攻めが、

25km付近からの向かい風で跳ね返されたことだ。

補給食の黒砂糖は甘すぎて途中で飽きて食べるのを辞めた。

そこからの17kmは、泣きそうな位の(実際に泣いた)地獄だった。

給水所にあるあんパンとか、きな粉たっぷりの安倍川餅とか、モツカレーとか、

その時の僕には殺人的な補給食で手が出なかった(笑)

 

歪んだ足で走ったら、故障するよ。

ランナー達よ、気をつけて。

 

「からだ工房らくだ」

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他
 
後ろ姿を撮られてた!