13190

秋になって、既にどれだけサンマを食べたでしょうか。

焼いたもの、刺身のもの、多分もう20匹は食べています。

 

塩を振って焼いたサンマは残す所がありません。

丸ごと全部食べることができる塩焼きは、サンマの食べ方の定番です。

 

お目にかかることばかりではないけれど、サンマの刺身はやみつきになります。

サンマにしかない脂の香りと、身の甘さは大好物。

 

そんなサンマの刺身でごはんを覆うように盛り付けられた、サンマ刺身弁当(大)。

タレに漬けられていて、そのコンビネーションが絶妙なのです。

秋になると、サンマ刺身弁当が食べたくてうずうずします。

 

時間が合えば、出張のついでに食べに行きます。

わざわざ食べに行く価値だって十分あります。

 

これが、冬になってブリ刺しの弁当に変わるとまた、うずうずしてきます。

 

このサンマ刺身弁当は数えきれないくらい、何度もリピートしています。

でも、ひとつだけ心配な点があるのです。

 

これが、いつ食べられなくなってしまうのか、心配なのです。

 

だって、大盛りご飯のサンマの刺身も盛り盛り弁当が…

(ご飯は300gある)

 

 

390円だから!!!!

 

せめて3倍の値段にしてもらわないと、立ち行かなくなってしまいそうで心配です。

サンマ刺身以外の豪華なお弁当も、そんなお値段なのです。

その値段設定にしては全く賛同できません(笑)

 

このクオリティになってくると、値段がどうこうではなくなります。

 

食べに行かなきゃ!

そう思うようになります。

いくらだって払います。

 

整体だって、値段でどうこう判断されないクオリティでありたいですね。

 

僕がサンマ刺身弁当を食べに行かなきゃと思うように、

整体を受けなきゃと思ってもらえるように。

 

サンマ刺身弁当を食べた時のあの感動のように、

整体で人が元気になるように。

 

1個のお弁当から、そんなことを考えてみました。

 

「できる」を増やす整体院

からだ工房らくだ

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他