ジャパンクラスの市民ランナーが結集する、

富士登山競走を前に、

からだ工房HOPEさんにてカラダの最終調整を行ってきました。

HOPEの星野先生には、僕の膝のリハビリを手伝って頂きました。

星野先生のアドバイスを軸に、地道に地道にジリジリと、

膝と全身の体力を鍛え直してきました。

 

リハビリを始めた頃、7月22日のレースに間に合うかどうか、

非常に怪しい状況でした。

なにせ、1年は競技は難しい、というのが当初の星野先生の見解。

実際、僕も2月29日の手術から7月22日までの間に、

どれだけ回復できるかは未知数でした。

 

でも、やるしかない。

これは、整体屋の整体を試す挑戦である。

と腹をくくり、リハビリにリハビリを重ねてきました。

その成果が少しづつ出て、術後2カ月でトラックレース復帰ができ、

その後は練習の強度も量も増やすことができ、

怪我をする以前よりもカラダが仕上がってきたと感じています。

 

整体のリハビリに対する有効性が証明できた上に、

膝の怪我からの回復を図るというまたとない経験ができました。

 

今日は、富士登山競走前の最後の仕上げの整体でした。

僕のカラダのクセをとらえ、そのクセを矯正することで、

全身の連動性を高めて頂きました。

レース仕様に仕上げてきたカラダが、また一段階軽く感じられます。

 

富士登山競走は、ジャパンクラスのレース。

そのレベルは、ハンパじゃありません。

また今回エントリーの5合目コースは、山頂コースよりも距離が短い分、

超ハイペースなレース展開が特徴です。

 

リハビリで目標にしてきたのは、一線級レースへの復帰。

ジャパンクラスのレースに、間に合いました。

 

レースにピークを作るのは、

バラバラのパズルを組み合わせて、バチッと仕上げるのに似ています。

カラダの仕上がりのいい時には、不安がありません。

走れば、いいタイムが出ることが、約束されているような感覚です。

逆に、仕上がりの良くない時は、不安や余計な緊張、力みが強くなります。

 

今回は不思議なほど、走ることに不安がありません。

一体、どれくらい走れるのか、確かめたくてウズウズしているくらいです。

 

目標は、1時間25分台(前回は1時間28分40秒)かつ3位以内(前回5位)です。

前回はまぐれの5位でしたが、前回よりも今回は確実に力がついています。

 

星野先生の整体で、進化したクセ付けをして頂きました。

これでジャパンクラスに斬り込んできます!

どうせ前回まぐれだし、名誉もないし、実績は全然ない。

負けたって攻める、失うものはありません。

攻めるしか、道はない。

 

星野先生、ありがとうございました!

 

あら、こんな時間!!

おやすみなさい!

しっかり説明して施術する整体院

からだ工房らくだ

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他

5626507768627200w