からだ工房らくだのある焼津市(旧大井川町)は、大井川下流域に位置する。

大井川は静岡・山梨県境の赤石山脈北東部、間ノ岳(3189m)の南斜面に源を発する全長約168kmの一級河川である。

その昔、江戸時代には渡船・架橋が禁じられ東海道の難所であったと伝えられている。

 

「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」とも唄われ、流れが急で川幅が広く、旅人が一人で渡るには危険であったため、暴れ川として全国に名を馳せたらしい。

 

確かに箱根の山は走って登ることはできても、上流にダムがある今でも川幅約1kmある大井川は、江戸時代には到底渡れたものではなかっただろう。

 

そんな大井川が流れる、大井川地区(旧大井川町)に、新たな支流が見つかった。

インドカレーの店「ガンジス川」だ。

こちらの川はインドを流れる大河のガンジス川(全長2525km)とは似て非なるものである。

 

この手のカレーが大好物で、実はオープンの日(1月11日)に行ってしまった。

チーズナンのパンチ力は凄まじい(1人前で満腹になる)。

食べ放題メニューを頼むときは、チーズナンは1つにしておかないと後悔することになる。

 

インドカレー屋さんには、年に何回も行くが、徒歩圏内にできたことが嬉しい。

また、店員さんのカタコトでも一生懸命な日本語や、時々上手過ぎる日本語にも元気をもらえる。

「イラッシャイマセー!」という勢いのある言葉は、気持ちがいい。

日本人の「いらっしゃませ」とは、明らかに違う部分にアクセントがある。

マニュアル棒読みの接客とは全然違う、血の通った接客がある。

 

子供よりナンが大きいのは、気のせいではない。

これからよくお世話になりそうだ。

「からだ工房らくだ」

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他