今日は袋井でフルマラソンの伴走。

縁あって、ブラインドランナーの方のサポートをさせて頂く機会を頂いた。

 

僕も走り始めた頃はフルマラソンはおろか、

ハーフマラソン以上の距離を走ることは考えられなかった。

今ではカラダも慣れてきて、オペした膝も完全に馴染んでいるおかげで、

ペースが速過ぎなければフルマラソンも全く不安感はない。

3時間を切る位のペースなら、いつでも走ることができる。

 

伴走を務めるには、ブラインドランナーをスタートからゴールまで無事に誘導する責任が伴う。

走力面で不備が無いことは、誘導に集中するためには必須に思えた。

 

伴走は、今回が初めてだった。

今日は4人で交代しながら伴走ロープを握った。

 

最初から最後まで1人が伴走で付くのは容易ではない。

伴走をしてみてわかったのは、その役割の難しさである。

 

道路には様々な段差が存在する。

たった2センチ位の段差も、転倒のきっかけになる。

また、右に曲がる、左に曲がる、下る、登る、他のランナーを避ける、

そういったことをロープを握りながら全て言葉をかけて誘導する。

 

これがまた、全然うまくいかない。

その状況を的確に言葉で伝えるには、経験と訓練が要る。

例えば、曲がるにしても90度に曲がるのか、

2時の方角に曲がるのかでは言葉のかけ方が変わる。

曲がり始めのタイミングや合図のかけかたも、なかなかベストにいかない。

 

場合によっては登りながらS字のように曲がっており、段差がある場所もある。

結構なスピードで走り続けるブラインドランナーに、その状況をどう伝えるか。

考える程に咄嗟に言葉が出て来ない。

 

目が見えていなくても果敢に攻めて走り通す姿を間近で見て、

ブラインドランナーのハートの強さを感じた。

その姿に、多くの他のランナーが驚き、勇気をもらっているようだった。

気が付くと、ブラインドランナーと僕たちの後ろには大勢のランナーが、

張り付くように付いて来ていた。

 

フルマラソンというものを通して、

人生の今という瞬間を心の底から楽しむ姿に、湧き出るパワーが満ち溢れていた。

 

伴走は、信頼と気遣い。

今日は本当に貴重な経験をさせて頂いた。

 

今後また伴走を務める機会には、今日の経験は間違いなく活きる。

それ以上に大事なモノを、肌で感じた半日だった。

 

伴走に集中していたので、大会の写真はありません。

 

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他