今日は12月1日。

なんと、母親の還暦の誕生日だった。

もちろん、お祝いのプレゼントを用意した。

 

追いつめられないとアイデアをひねり出せないというのが、自分の悪いクセである。

プレゼントを何にするかということも、昨日布団の中でひらめいた。

思いついたプレゼントも、還暦のお祝いなので特別なものにした。

 

昨日布団の中でひらめいたということは、今日買って今日渡すということになる。

午前中の施術の合間を使って、何とか納得のいくプレゼントを用意できた。

毎日使うモノで、恐らくこのまま一生使い続けられるものを選んだ。

 

しかしながら、夜も実家に行く時間が無く、渡すのは明日以降になりそうである。

 

今日は予定が詰まっていて、まともにトレーニングする時間を捻出することができなかった。

そこで、プレゼントを買いに行った足で、例の「鬼岩寺の階段」を登ることにした。

ここなら20分あれば、息も絶え絶えになることができる。

220段+砂利階段の必殺修行。

 

インターバルも休んでいる暇は無いので、登り90秒下り90秒のサイクルで回すことにした。

これまでの記録によると、下り90秒の休みで登りに入ると6本で歩けなくなることがわかっている。

なぜか今日はそのサイクルで、8本登ることができた。

 

もちろん息は絶え絶えで、脚はガタガタで、酸欠で吐き気もした。

急いで着替えて、午後の最初の施術に備えて帰宅した。

 

その後は師匠のお宅にリハビリに伺い、夕方からまた施術に入った。

 

今日はしずおか市町対抗駅伝の焼津市チームの最終練習日だったので、

施術が終わってから直ぐに焼津市陸上競技場に向かった。

 

大会も目前なので、練習メニューは1000m1本のみ。

レースペースよりも速いペースで、心肺にも筋肉にも強い刺激を入れる。

疲労は残さずにピークを作る目的の練習だ。

 

僕が到着した時にはウォーミングアップは終わっていて、1000mのスタート直前だった。

わざわざ1000m1本のために足を運んだのは訳がある。

中学生のペースメイクのためだ。

1000mは400mのトラックを2周半回る。

中学生は勢いがいいから、1周目に突っ込み過ぎて2周目に激タレして、

最後の半周でスパートするというのがお決まりのパターン。

これではいい刺激にならない。

最低でも1周目と2周目が同じか、段々ペースを上げていくようにしないといけない。

 

最初の1周目、400mの通過は72秒であった。

1000m3分のペースである。

この時は中学生2人が先頭に立っていた。

しかし、500m付近で急激にペースが落ち始めた。

リズムが悪くなってがくんと失速した。

 

ここが出番とばかりに、そこから先頭に立って200mほど引っ張った。

中学生も速いリズムに戻ってスピードに乗り、後ろを着いて来ていた。

この辺りから、鬼岩寺のダメージがモロに表面化し出した。

感じたことが無い位に脚が動かなくなった。

 

800mの通過は2分20秒だったので、2周目はタレずにペースアップできた。

作戦通りである。

 

残り200m付近では脚が言う事を聞かなくなった。

中学生はすっかり速いリズムに乗ることができていたので、

そこから置いてきぼりにされた。

ラスト100mは完全に流してジョギングのようだった。

 

1000m2分58秒だった。

中学生は2分52秒~55秒位だった。

 

中学生2人には完全に千切られた。

落ちていたペースを戻して加速するためのカモにされた。

いや、カモになるために1000m走りに行ったので予定通りだった。

 

これも、一般男子区間の補欠ならではの仕事ではないかと思う。

中学生や高校生には、理屈や言葉を叩き込む必要は無くて、一緒に走るのが一番いい。

 

さて、日付も変わったので今日はここまで。

おやすみなさい。

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他

7832