昨日までの冷え込みとは一転、今日は静岡は静かで暖かい日となった。

ふと外に出た時の空気の柔らかさに、清々しさを感じた。

どこも尖っていない空気に触れることを、人が本能的に求めているのかもしれない。

 

ここ3日間の冷え込みで、体調を崩した方も多かったようだ。

外に出ても寒い、家に居てじっとしていても寒い。

何にもすることがないし、じっとしているだけでカラダのあちこちが固まってくる…

 

ストーブの前で陣取って、やかんのお湯でお茶を飲みながら、

時々餅やトーストやイモを焼いて食べる。

そんなひと時は、僕も結構好きだ。

ただし、ひと時に限る。

 

四六時中じっとしていると、知らない間にケツに根が生えてくる。

トイレに行くのも億劫になる。

そして、カラダの動かし方をちょっぴり忘れる。

自分の感覚も鈍れば、カラダもついて来なくなる。

 

この地球上にいれば、天候の変化にさらされるのは当然のこと。

1年を通せば、いくらでも波はやってくる。

波にもまれても体調を立て直す力が、リカバリー力だ。

 

リカバリー力の高い人に共通するのは、

暑かろうが寒かろうが気持ちまでは振り回されていない点だ。

逆に、リカバリー力の低い人は、地獄の底に落ちたような被害妄想に陥る。

 

僕がよく言うのは、あなただけが寒い(暑い)のではないということ。

自分だけは特別なのだ、と人は思いたい生き物だ。

そこに基準点があると、何かと不都合な点を挙げ連ねて調子の悪さをアピールする。

 

そういう患者さんには、僕もかなりイラッとする。

真剣に説教することもある。

なぜならば、思考の根底にあるのは「自分は悪くない」という責任転嫁の意識だからだ。

 

カラダの状態を左右するのは、ほぼ100%生活習慣である。

その人なりの生活の仕方が、全てを決めているのだ。

自分の生活を見直す気がない限り、整体の施術をしても意味がない。

 

あまりに自分の習慣を見直す気がない人には、

「やる気あんのか、コラ!」というのを丁寧に伝えて説教をする。

 

かの山本五十六だって言ったじゃないか。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」

リカバリー力を高めるには、辛抱強く、何度も伝えることが大事。

 

今日はそんなことを考えてみた。

「からだ工房らくだ」

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他