健康産業はいつの時代も流転している。

流行りのモノや、最新の○○や、誰々がつけている○○と言ったものが次々出てくる。

似たようなものは何十年かのサイクルで出てきており、忘れられた頃また出てくる。

 

ネックレスや、ボディクリームとか(オイルみたいなの)を、

プロスポーツ選手が付けているのを見て、気になってネットで検索してしまったり、

身につけると力が出ると思ってしまうのは、、、、、

 

完全なるメーカーの戦略だ。

身につけるモノにチカラは全くない。

 

例えば、ネックレスの石から何かしらの周波数の光線が出ていたとする。

単純にそれは、危ない代物だ。

もし赤外線やα線、β線、γ線、中性子線が出ていたら、相当ヤバいやつだ。

置いてあるだけでそれはエネルギーを発生する。

ただ、そんなものは身につけたら数時間で死に至る。

逆に、安全に身に付けていられるものは、ただの飾りだとも言える。

 

塗ると温かく感じるクリームやオイルだって、実際に温度はほとんど上がらない。

また「温湿布と冷湿布、どちらがいいですか?」という質問は時々受ける。

では、湿布を貼ったところで温度が変化するかといえば、

温湿布も冷湿布も体温を変える力は無い。

 

温かく感じるか、冷たく感じるかの違いなだけで、

貼ったり塗ったりしても、変わらない。

肌の摩擦を防いだり、乾燥や湿度が逃げるのを防ぐために塗るなら正解だ。

それだったら、ワセリンで十分であって、

100gで何千円もするクサいクリームを買う必要はない。

 

そういうものも、誰々が使っているから…という触れ込みと、

メディアに出るチラリズムに触発される人間がいるから成り立つ、ビジネスだ。

 

つまり、モノにチカラは無いのだ。

 

エナジードリンクや、ドラッグストアで買える薬だって同じだ。

それを使ったところで、運が良ければその場しのぎになるくらいで、

使えば使う程に今度はカラダが蝕まれていく。

薬にチカラなんて無いのだ。

 

頼りになるのは、自分のカラダだけだ。

カラダはちゃんと労わってあげれば、きちんと応えてくれる。

挑もうとしていることにも、段階を踏んでハードワークを課せば、

ちゃんと踏ん張ってくれる。

正直な分、ウソはつかない。

 

モノや薬に頼ろうとすることも、カラダはちゃんとわかっている。

モノや薬で埋めようとした心のほころびと、

日頃の準備不足を、カラダは許してはくれない。

カラダはそれだけ素直なのだ。

 

どんなモノを身につけようとも、どんなモノを口にしようとも、

活きていないカラダには更に痛々しい。

もちろん、世の中には良いモノだって沢山ある。

そうしたモノも「どう活かすか」を考えて使わないと、まるで意味が無い。

 

きっちり動くカラダは、何よりの財産だ。

 

今日はここまで、おやすみなさい!

とりあえず、これ塗っとけば何でも何とかなる。

「からだ工房らくだ」

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他