昨日は三河高原トレイルランニングレースにお邪魔しまして、

トラブルや怪我も無く無事に帰ってくることができました。

 

レースはロングの部24km、ショートの部9km。

ほぼ全体が未舗装のトレイルを走るコースです。

昨年のロングで総合1位だったので、大会のプロデューサーさんが招待をしてくださいました。

大会参加費、ガソリン代、高速代まで、全て大会側の負担という至れり尽くせりの待遇に、甘えてしまいました。

有難い限りです。

 

先週1週間降り続いた雨の影響で、地盤はユルユル。

昨年は当日の朝まで雨が降っていましたが、その時よりもユルかったです。

例年よりも草の背が伸び、足元が見えない場所もいくつもあり、ミスコースしたり、滑って転倒したりして苦戦しました。

 

連覇を狙っていたので、前半はスローペースでも後方で待機して体力を温存。

にも関わらず後半はヘロヘロと言う苦い内容でした。

 

昨年よりも4分落ちの、1時間46分12秒で何とか総合1位。

また来年も招待で参加できることになりました。

 

村おこしを兼ねた手作りの温かい大会で、スタッフもみんな元気で、参加選手も人が柔らかい方達ばかり。

この大会でしか会えない人に会えるのも楽しみのひとつ。

三河のトレイルレースの雰囲気には、おもてなしの心を感じるんです。

何回も参加しているので、給水をするエイドステーションのおばちゃんの顔も覚えました。

 

毎年少しずつおばちゃんの目元のシワが増えて、背中が丸くなっても、その応援する声は毎年変わりません。

おばちゃんに会えるのは、1年に1回。

コップ1杯の水を取る一瞬だけの間に、僕にとてつもないインパクトとパワーをくれます。

 

 

本格的に走る競技を始めた頃は、出れるレースには出まくっていました。

数えたら、年間で40本以上走っていました。

 

でも今は、レースは年間通しても一桁です。

これからは、もっと減っていくでしょう。

 

減らすのは、ターゲットを絞るためです。

目標を見定めて、それに対して準備をしないと、行きたいところにはたどり着けません。

僕は今年膝を手術する羽目になって、競技復帰に向けたリハビリ生活があって、なかなか超えられない壁に何回もぶつかって、いい勉強になりました。

 

リハビリをしている頃、富士登山競走では昨年のタイムと順位を更新しよう、

富士登山駅伝では区間賞を獲ろう、

朝霧トレイル、三河トレイルは優勝しようと決めていました。

 

達成できなかったのは区間賞だけ。

怪我をしたことで僕は確実にレベルアップできました。

 

今年の総括として、来月は島田おおいがわのフルマラソンを走って、あとは冬眠に入ります(笑)

 

目先のレースにひたすら出続けるのは、走るのを始めた頃にはいい武者修行でした。

でも今は、目先の事ばかり考えて小さな結果にこだわっていると、小さな器のままで成長できないことに気がつきました。

 

潜伏期間が長いウイルスが人に猛威を振るうように、

僕も今後の競技のためにしばらく潜伏します。来月のレース後は、大会はしばしお休み。

 

時々は走る内容も発信していきますので、ランナーの方もブログに遊びに来て下さいね。

 

「できる」を増やす整体院

からだ工房らくだ

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他
 
何年か前のエイドのおばちゃん。僕は今よりも小僧。
13v2_thumb

13006

三河高原トレイルのスタッフは、いきなり「ひと言どうぞ!」っていうのが好きで焦る。

s__13606916

cimg4679

 

愛知のレジェンド柴田さんとツーショット

14454564_597054733807476_244742718_n