クラブ訓を肝に銘じる

クラブ訓を肝に銘じる

こんばんは。

僕の所属するランニングチームのクラブ訓には、

「事前準備、事中専心、事後反省」という言葉がある。

この言葉は、どんなことにも当てはまるものだ。

20代前半の頃にこの言葉を目にした時、胸に刺さるものがあった。

取り組み方、打ち込み方の羅針盤のような言葉でもあり、今も大事にしている。

 

大事な事の前に、どれだけ準備できるか。

準備を整えて、きちんと集中すること。

終わったら、改善点を見つけて再び準備すること。

 

シンプルだけれど、ここに僕はいい仕事の全てがあると思っている。

ビジネスマンがPDCAとか何とか言うよりも、ずっと分りやすい。

 

整体も、クライアントさんに気が付かれないように、

コソコソと準備を万全にして迎え入れるのが僕の日々の日課だ。

出来る限りのことを尽くして、後は改良点を洗い出すということを繰り返す。

毎日は試行錯誤の繰り返しで、ここに僕の生きがいがある。

 

走ることも、全く同じ。

ほころびが無いように、出来る限りの事前準備する。

あとは、集中する。

終わったら、気が付いていなかった、見つかったほころびを修正する。

 

思えば、野球でも同じことをしていたなぁ。

当たり前過ぎて、誰も意識していないことが、とっても大事ということは、よくある。

 

やり方、方法ではなく、クラブ訓は原理原則を説いている。

でも、多分今の若手メンバーは、クラブ訓があることすら知らないだろう(笑)

 

「事前準備、事中専心、事後反省」

この10年、僕が繰り返してきたのはこれだけだ。

自己啓発本とか、ビジネス書籍なんか読む必要ない。

 

さあ、明日のために準備(寝るだけ)しよう。

おやすみなさい。

「からだ工房らくだ」

〒421-0201 焼津市上小杉269
 080-3288-7235(代表 村田稔明)
 営業時間 9:30~20:00
 定休日 第3日曜他